製造・機械・部品|銅のクラッド材でコストダウンを

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】

【無料の企業PR広告】

■該当件数2件 | <前へ | 1 | 2 |
TOP > 製造・機械・部品 > バイメタル・ジャパン株式会社

銅のクラッド材でコストダウンを


高級な素材となった銅を使うと、製品も高額なものになってしまいます。必要になる以上、どの程度使うかどうかがポイントになってきます。設計の重要ポイントになりますが、強度を保てるかどうかも考えなければいけません。銅はどうしても柔らかい金属のため、問題となる場合もあるでしょう。クラッド材にすれば、こうした問題もカバーできるようになります。高強度の素材を使いながら、銅を接合すれば、欠点をカバーしていくことができます。銅だけでは厚くしなければいけないときでも、クラッド材にすれば別の素材を組み合わせて、コストを下げられるようにもなるでしょう。もちろん、銅としての性質はそのまま生かせるのですから、大きな解決方法になってきます。銅と軟鋼の組み合わせもそのひとつで、お互いの特性を生かせるようになるでしょう。軟鋼に対して銅をサンドイッチにすれば、表面上は銅の特性で使うことができるだけではなく、大幅なコストダウンにもつながるのですから、クラッド材の可能性はとても広いことがわかるでしょう。